インテクノス・ジャパン
ISO等級(ISO4406)(JISB9933)

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. オイル測定器
  4. ISO等級(ISO4406)(JISB9933)

ISO等級(ISO4406)(JISB9933)

油圧-作動油-固体微粒子に関する汚染度のコード表示

(Hydraulic fluid power - Fluids -Method for coding the level of contamination by solid particles )

流体システムにおける固体汚染物質は、そのサイズ、形状、形態、および量が様々です。
潤滑システムや燃料システムに影響を及ぼす汚染物質は、通常 4 ミクロン〜であるため、肉眼では確認できません。
この肉眼では判定できない、汚染物質の大きさと数を自動粒子計数法で計数して、ISO4406で汚染度を報告します。

コードの基準(ISO4406:1999)

試料 1ml 当たりの粒子をカウント(数値は累積)することによって、流体中の汚染物質分布状況を要約する汚染度コードの国際規格です。
数字を扱いやすくするため、試料中の粒子数を、≧4,≧6,≧14μm(c)という各微粒子の粒径範囲に区分し、1mL中の粒子数から割り当てられるスケール番号(0〜28)を斜線(/)によって区分し、3桁表示します。

※ 自動粒子計数機によって算出された粒径「μm(c)」は、MTD(ISO Medium Test Dust)分布を意味します。

※(ISO4406:1992)過去の顕微鏡法を用いた規格ですが、自動粒子計数機を使用する場合にも用いられる場合があります。
サンプル中の粒子数を、≧5,≧15μmという2粒径範囲に区分し、100ml中の粒子数から割り立てられるスケール番号を斜線(/)によって区分し、2桁表示します。

コード表

LCM20での測定結果例:ISO規格

LCM20での測定結果例:ISO規格


計測対象製品

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ