インテクノス・ジャパン
サポート情報 のご紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. サポート
  3. 受託分析サービス

受託分析サービス

概要

自動車部品清浄度検査の標準化~残渣試験:重量法からの脱却、粒子計数法へ~

異物や摩耗粒子で困っていませんか?
コンタミ解析の認定機関で 粒径・数・元素 を分析

国際規格ISO16232/VDA19の拡張分析や品質要求に最適、
欧州では、エンジンやトランスミッションとその要素部品開発試験に、
さらに、エレクトロニクス分野では、環境コンタミの原因究明に利用されています。

当社インテクノス・ジャパンは、コンタミ計測や解析の豊富な経験および清浄度改善のノウハウを蓄積すると同時に、グローバルなネットワークを活かし多くの海外専門企業と提携を行ってきました。
RJL Micro & Analytic GmbH社(ドイツ)との技術提携で、より専門性の高い異物粒子の計測・組成分析の受託分析サービスを提供しています。

世界トップレベルの異物解析スペシャリスト RJL Micro & Analytic GmbH社について
RJLは2006年5月にDIN EN ISO/IEC 17025に基づく分析ラボとしてドイツの技術審査認定機関(DAkkS)に認定され、それ以来ドイツ自動車工業界の異物試験業務をほぼ一手に引き受けています。自動車部品の清浄度管理で知られるVDA.19(ISO16232の前身)の規格では、その委員会メンバーとして技術提供を行っています。また、RJLは分析に使用される測定機器を開発・製造販売するメーカーでもあり、異物解析のスペシャリストです。

このような用途に最適

・自社製品の部品清浄度検査(ISO16232準拠)
・キラー異物の元素分析
・オイルに含まれる摩耗粉の化学組成特定
・部品表面や環境ゴミの化学組成検査
・コンタミの抽出方法が確立していない

自動車ではこんな要求に答えてきた

BMW Group
BorgWarner Transmission Systems
Bosch Mahle TuroboSystems
Continental Automotive/Siemens VDO
Daimler AG/Mercedes Benz
Fiat Auto
Ford
Getrag Corporate Group
General Motors

Honeywell Turbo Technologies
Jaguar Cars and Land Rover
Magna Powertrain
PSA Peugeot Citroën
Renault s.a.s.
Robert Bosch GmbH
Volvo
Volkswagen AG, Audi AG, Seat, Skoda
ZF Friedrichshafen AG

試料について

1)parts
自動車部品(バルブ・モーターなど)
電子部品(バッテリー・コネクタなど)

2)fluid
オイル(エンジン・AT/CVTFなど)
液体(クーラント・塗料など)

3)option
メンブレン・フィルタ・材料(部品抽出・摩耗特定)
マイクロトラップ・スタンプ(環境落下ゴミ・表面清浄度)

受託分析サービスの流れ

分析内容について

SEM-EDXによる異物の粒子計数と元素分析
お客様からお預かりした試料を走査型電子顕微鏡(SEM)で観察し、エネルギー分散型X線分析装置(EDX)を用いて粒径、数、さらには化学組成まで特定することが可能です。これらの分析データは特に異物の発生源の特定、洗浄工程の見直し、品質改善に有力です。

結果レポート(標準で8ページ 程度)

1) Table2:粒子材質詳細の化学組成と実数
2) Table3:材質簡易分類の最長径と計数
3) Table4:材質簡易分類の最小径と計数
4) Table5:材質簡易分類の面積と計数
5) Table6:最も大きい粒子25個の化学組成
6) ++++++:キラーコンタミの画像
7) ++++++:抽出・ろ過の情報(抽出方法・液体・メンブレン穴径)
8) ++++++:その他参照情報(使用機材・試料数・粒子総重量)

プラスαのサービス

■抽出手順書の作成
まだ、試料からの異物抽出方法が確立していないお客様が、お客様自身で抽出を行いたい場合に、分析プラスαのオプションで抽出手順書の作成サービスを行っています。
※ 抽出方法・抽出液体・液体量・試験環境・使用機材・メンブレンなど
(抽出手順書は標準で4ページ程度)

分析手順について

■抽出ろ過について(部品・液体)
製品・部品の表面に付着している異物や、オイル中の摩耗粒子などの抽出・ろ過を行います。
※当分析ラボの大きな特長は、様々な精密部品の抽出で培った優れた技術と経験です。また、分析前にブランク値、オプションでは減衰試験を実施し信頼性の高い分析サービスを提供します。

■SEM-EDX分析について
標準 5µm〜 を検出し、粒子材質と大きさを計数します。
※ 事前にお申し込み頂ければ様々な異物サイズの分析を行うことができます。
※ 液体の金属摩耗分析においては、最適なメンブレンの材質や穴径、試材量を見極めます。
※ 簡易分析(材質簡易分類のみ)も行っています。

その他異物分析例(フィルタ)

フィルタに補足された粒子を抽出濾過して、SEM/EDX分析したり、右図のようにCTスキャンで、フィルタエレメントのどの層が効果しているか等の解析を可能とします。

受託分析サービス内容

「ISO16232/VDA19」に準拠した方法で異物の抽出・ろ過・解析を実施します。

対象物 試料例 サービス内容 サービス項目 価格
抽出・ろ過 解析方法

パーツ
バルブ、モーター、コネクタ、バッテリー 製品・部品を洗浄し、表面に付着した異物を抽出します。抽出液をメンブレンフィルタにろ過し、分析します。 SEM/EDX ¥168,000〜
備考:1 別途運賃が掛かります。
【オプション】
減衰試験
レポート
ISO16232 VDA19運用 分析前に部品の洗浄回数を確定する試験です。 - 重量法 ¥160,000〜
- 計数法 ¥260,000〜
【オプション】
抽出手順書
運用方法の アドバイス 部品に最適な抽出方法・機材・試験環境・プロシジャをレポートします。 - - ¥130,000〜
【オプション】
ブランク値
(ドキュメント化)
試験環境の清浄度 分析毎に行っているブランク値試験をレポート化します。 - - ¥25,000〜

オイル分析
エンジンオイル、 グリース(摩耗) オイルに含まれた異物をメンブレンフィルタにろ過し、分析します。 SEM/EDX ¥168,000〜
備考:1 専用ボトル150ml(最少50ml必要)をお送りします。
    2 ろ過できる試料量は異物の含有量によって異なります。

液体
洗浄液、塗装用ペイント液、クーラント 液体に含まれた異物をメンブレンフィルタにろ過し、分析します。 SEM/EDX ¥168,000〜

フィルタ
ミッション既付フィルタ、自動車用フィルタ フィルタを洗浄し、表面に付着した異物を抽出します。抽出液をメンブレンフィルタにろ過し、分析します。 SEM/EDX お問合せください
オイルフィルタ、エアフィルタ フィルタレイヤー毎に捕捉されている異物をCTスキャンで解析します - CT-Scan お問合せください

メンブレンフィルタ
(部品残渣) お客様よりお預かりしたメンブレンフィルタを分析します。 - SEM/EDX ¥128,000〜

マイクロトラップ
(落下塵) 製造現場の気中から堆積する異物を一定時間置いた粘着性マイクロトラップに捕捉し分析します。 - SEM/EDX ¥128,000〜

マイクロスタンプ
(表面コンタミ) 製品・部品の表面に付着した異物を粘着性マイクロスタンプに転写し分析します。 - SEM/EDX ¥128,000〜
  備考:1 光学式(マイクロクイック)を用いた25μm~の簡易分析は国内で実施可能です。(48,000円)
   2 サンプル送付用キットを無償にてご用意しております。

※2017年12月現在

ご注意

● SEM-EDXは最小5µmの異物を検出し、粒径・数・元素を分析します。
● ※の価格は試料の湿潤面積が1000cm2未満の場合です(1000cm2以上はお問合せください)。
● 分析に使用された試料等は全て分析完了後に破棄されます(返却が必要な場合は別途運賃が掛かります)。
● 分析試料は密閉された容器・袋に入れて弊社までご郵送ください。
● 分析結果はPDFでの納品となります(英語・ドイツ語標記のみ)。
● 納期は試料が分析会社に到着後、約2週間です。
● 分析方法についてご相談やアドバイスが必要な場合は別途諸費用が掛かります(+¥20,000~)。

オイル管理の規格情報

ISO16232/VDA19
ISO16232/VDA19について解説を行っているページです。

受託分析サービス 申込フォーム

  • 以下のフォームの項目をご記入ください。※印の付いた項目は、入力必須項目になります。
ご担当者様情報 お名前 (全角)
(記入例)東京太郎
半角カナは使用しないでください。
お名前(フリガナ) (全角)
(記入例)トウキョウタロウ
半角カナは使用しないでください。
会社名/団体名 (全角)
(記入例)株式会社インテクノス・ジャパン
半角カナは使用しないでください。
所属部署 (全角)
(記入例)営業部
半角カナは使用しないでください。
ご連絡先 電話番号 (半角英数字)
(記入例)03-3226-4009
E-mail (半角英数字)
(記入例)sample@intechno.co.jp
ご依頼目的 SEM/EDXまたはCT-Scanの分析をご依頼の場合


マイクロクイックを用いた25μm~の分析をご依頼の場合



要求内容・試料の取扱い注意点など
(全角)
半角カナは使用しないでください。
試料について
試料の返却の有無
パーツ分析をご依頼の場合 1)試料の名称・HSコード (全角)
半角カナは使用しないでください。
2)試料の写真または外形図
画像のサイズ(容量)は2MBまで/ pdf, jpg, gif, png形式
(外形図が分かるもの)
3)1個あたりの湿潤面積と重量
(全角)
半角カナは使用しないでください。
オイル分析をご依頼の場合 1)試料の名称 (全角)
半角カナは使用しないでください。
2)分析の依頼数 (全角)
半角カナは使用しないでください。
3)分析する最小粒径 (全角)
半角カナは使用しないでください。
(5ミクロンからの分析が可能ですが、汚染が激しいと測定出来る容量が少なくなります)
4)分析したい量 (全角)
半角カナは使用しないでください。
※指定量がない場合には、150ccお送りください。(150ccのご準備が困難な場合には分析可能な量をおしらせ下さい。)
※摩耗粉など汚染が激しい場合は、お送り頂いた量に対して全量が測れず10cc程度の分析となる場合があります。
汚染度が高い状態で測定容量を増やしたい場合には、測定対象の粒子サイズを大きくする事によって分析することが可能です。
その他分析をご依頼の場合
(液体・フィルタ・メンブレンフィルタ・マイクロトラップ・マイクロスタンプ)
1)ご要求内容
(全角)
半角カナは使用しないでください。
2)参考データ・画像など
画像のサイズ(容量)は2MBまで/ pdf, jpg, gif, png形式
(外形図が分かるもの)
清浄度検査をご依頼の場合 1)その他分析に対するご要求事項があればお知らせ下さい。(※パーツ分析の場合には抽出・解析方法、CCC等)
(全角)
半角カナは使用しないでください。
2)自社で清浄度検査を実施している場合は、抽出方法や使用装置についてお知らせください
(全角)
半角カナは使用しないでください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ