インテクノス・ジャパン
オンラインオイル劣化センサ のご紹介

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. オイル測定機器
  4. オイル劣化判定
  5. オンラインオイル劣化センサ

オンラインオイル劣化センサ

  • 概要・特長
  • アプリケーション
  • 主な仕様
  • カタログダウンロード

概要

オイルの変化を事前にキャッチし、精密分析やオイル交換の目安とする。

油中劣化センサiFCS-CMはオイルの交換目安となる「劣化」を誘電率・導電率の変化より劣化具合を傾向管理する事ができます。

オイル状態監視の必須項目である「汚染」の中でも特に水分と金属摩耗粉は酸化を促進させ,オイルの寿命を急速に短命化されるため、多量に存在するとオイルの交換頻度が増えてしまいます。iFCS-CMで測定する誘電率とは物質が電気を貯める能力であり各物質により異なります。劣化原因である酸化物・摩耗粉・すす・水分などの誘電率はいずれも高いため、電気の通りやすさを導電率と同時に管理し新油と使用油の数値を比較することで劣化を判定できます。

オイル劣化センサは劣化の各要因について検出を行うものではなく総合的な劣化度を測定するもので、いわばオイルの簡易健康診断ツールです。オンライン・リアルタイムで測定ができるという大きな特長があるため、これまでの保全システムを遙かに凌ぎ、より一層早期にオイルの異常を知り大事故を未然に防ぐことができます。


誘電率( 比誘電率)

一般的な電気パラメータ(125kHz)で測定されます。通常、鉱油では2.2~2.3程度を示すことが多いですが、一部の合成油等ではより高い数値を示すこともあります。誘電率の変化を観察する事により、冷却剤や煤、コンタミ等の異物の混入の可能性を察知することができます。なお油温が下がると油は膨張し密度が低下するため、一般的には比誘電率は低下します。また油中の気泡の発生や油面レベルの低下等によっても比誘電率の低下は見られます。測定範囲は1~9.99(単位:無し)です。

導電率(交流導電率)

交流導電率を測定する事により、システム流量に依存しない一貫した測定が可能です。一般的に基油は絶縁体であり、新しい清浄な油の導電率は添加剤、特に高BN油中のBN添加剤の影響によることが多く、一般的にはBN(添加剤)の減少と共に導電率も低下します。また燃料自体は導電率が低いですが、潤滑油中に燃料が混ざると、添加剤との相互作用により導電率が上昇することがあります。その他にも冷却剤の漏れによる潤滑油の汚染で上昇するケースも見られます。なお測定範囲は0〜2000nS/m(ナノジーメンス毎メートル)です。

専用ディスプレイ SDI

主な仕様
材質: ポリカーボネート、ナイロン
供給電源: 10~32V DC
最大電流: 0.2A(200mA)
環境温度範囲: -20℃~+55℃
IPレーティング: IP55
アナログ出力・精度: 4x4-20mA ±1%
※アナログ出力用のケーブルは付属致しませんので、必要に応じてご用意下さい。
連続電流: 0.2A
標準ケーブル長: センサ~ディスプレイ迄 約2M

アプリケーション

  • タービンオイル、作動油、ギアオイルなど

主な仕様

最高使用圧力: 10bar
使用油温度範囲: -20 ~ +100℃
環境温度範囲: -20 ~ +80℃
保護等級: IP67
センサ重量: 0.4kg
振動: 5~100Hz(最大 g=0.7@13.2Hz)▼
10~2000Hz(最大 g=1@40Hz)
測定精度 油温: ±0.5℃
誘電率: ±5%
導電率: ±5%(nS/m)
測定レンジ 油温: -20℃~+100℃
誘電率: 1~9.99
導電率: 0~2000(nS/m)
電源電圧範囲 : 10~32V DC
消費電流 : 0.1A(100mA)
ヒューズ定格 : 0.5A(500mA)
接続 : M12 5ピン
ケーブル仕様: 3 ツイストペア 24 AWG RS485.▼
Stranded Conductor▼
アルミニウム箔/錫メッキ銅シールド/SHF-1 LSZH▼
ジャケット▼ 8.2mm▼ -20°C to +90°C▼
IEC 60332-1, IEC60332-3▼
IEC60754▼ IEC 61034▼ IEC 60092-359
アース: ドレイン線(黒)
最大ケーブル長: 1000m
出力: 4-20mA x 4

カタログダウンロード

カタログの閲覧には専用のPASSWORDが必要です。カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらからお願いします。

カタログ閲覧用PASSWORDの発行はこちらから

  • LCM20
  • ACM20
  • PDS.TM
  • PDS
  • IPD
  • IBS
  • Analex FDM/TFD
  • Analex FDM+
  • Analex pqL
  • Analex PC
  • FBO
  • マイクロクイック
  • iFCSシリーズ
  • 会社案内
  • 機械状態監視に新たな風を
  • 自動車業界に必要な汚染管理

受託分析サービスについて

お問い合わせ
潤滑油・油圧作動油・ATF・洗浄油のコンタミ・汚染度・水分・鉄粉濃度・オイル劣化・全酸価を、規格に準じて、監視・NAS測定・計測する場合は、パーティクルカウンタ(油中微粒子計数器)などのセンサ・テスタをお問い合わせください。お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ