インテクノス・ジャパン
燃料コンタミセンサ の製品情報目次

  1. 株式会社インテクノス・ジャパン
  2. 製品情報
  3. 燃料測定機器
  4. 燃料コンタミセンサ

燃料コンタミセンサ

「キレイ」ですか、燃料?トラブルはキレイさで決まります

燃料コンタミセンサは、燃料・パーティクルカウンタの測定原理・技術を応用し、より簡易的にISO 4406:1999(JIS B9933:2000)で規定された汚染度等級のみを表示するセンサです。配管中に恒久的に設置するセンサと、モバイル化されたテス タからご選定いただきます。ただし、コンタミの個数までは計数できないため、合否判定的な要素で使用されるパーティクルカウンタの子 機的な存在です。センサ部分はISO 11171 : 1999( MTD-NIST)「JISB9932:2003」で校正されています。

コンタミテスタは専⾨的な知識を必要としない上に,燃料ストレージや配管上からもダイレクトにサンプリングできる機能を有し,⾞両 中の燃料汚染度も即時に把握できるます。このダイレクトサンプル機能は,求められる清浄度レベルが潤滑油より⼀般的に⾼く,粘度特性 から汚染物質が重⼒⽅向へ落ちやすい燃料の場合に適しています。燃料はボトルによるサンプリング判定は不向きなため,フィールドで採 取したボトルを分析専⾨機関に出しても判定が無意味な場合が多いのです。

測定対象:軽油、燃料系統洗浄油、JET燃料

粒子数計測が可能に

IPDはパソコンに接続し、シリアル通信をする事によって4μm(c),6μm(c),14μm(c),21μm(c)のコンタミ数を測定する事が出来るようになりました。
各粒子径のコンタミ数を把握する事により、等級のみの管理よりもより詳細な分析が可能となり、各機器のクリアランスに伴った粒径の管理に非常に有効です。
オンラインでの粒子数測定がより簡単に運用できるようになりました。

安定した流量制御(60ml/min ±10%)と圧力(排圧0.2Mpa以上)を確立出来る設置環境のみ 
※センサ精度 ±ISO1級(安定した流量の場合)

お問い合わせ
自動車燃料・軽油・ジェット燃料のコンタミ・汚染度・水分を、標準規格ISO11171・NAS1638・IP564に準じて、監視・測定・計測する場合は、パーティクルカウンタ(油中微粒子計数器)などのセンサ・テスタをお問い合わせください。お問い合わせ
技術情報
技術資料
よくある質問
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ